>>>前ページへ
曹洞宗 月光山天徳寺
〒829-0123 福岡県築上郡築上町本庄361
℡0930-54-0258
平成20年(2008年)4月  天徳寺位牌堂より発見

    延塚奉行の死後、172年ぶりに位牌が発見された。位牌堂棚の奥から二つに分離された状態で
   みつかった。延塚奉行は藩にとっては謀反人、堂々と祀ることははばかれたのだろうか。
   位牌には「天保七年申之年極月朔日卒」と書かれており、小山田の円通寺に所蔵されていたものと
   おもわれる。円通寺が廃寺になるさいに、上寺である天徳寺に移された。
   8月18日 天徳寺にて 延塚卯右衛門位 延塚家末裔菩提供養 が行われている。

小倉藩築城郡筋奉行 延塚卯右衛門
 
          《 天保の大飢饉にあえぐ民衆を自らの命をもって救済 》

    享保17年(1732年)虫害による飢饉や、文政11年(1828年)の大暴風雨による凶作で年貢米
   納入が滞り、小倉藩では生活維持と復興のため年貢猶予の勘合米を貸し付け、築城郡ではその
   返済をしてきた。天保7年(1836年)も天候不順により麦の不作や小倉の米価高騰騒動などがあ
   り凶作が続いたようだ。この年築城郡は年貢減免を要求したが受け入れられず、筋奉行の延塚
   卯右衛門は困窮した農民の根付料の返済を独断で免除し、農民を救済した。さらに藩の米蔵を
   無断で解放し、農民に米を分け与えたとの話もある。その責任をとって役宅で切腹、命を絶った。
月光山天徳寺  延塚奉行
inserted by FC2 system